古語:

漫ろはしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

すずろ-は・し 【漫ろはし】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


(楽しくて)じっとしていられない。浮き浮きしている。


出典源氏物語 若菜下


「聞く人ただならず、すずろはしきまで愛敬(あいぎやう)づきて」


[訳] (紫の上の箏(そう)の音は)聞く人が心が並でいられず、浮き浮きするほどおもしろさがあって。


(不快・不安で)心が落ち着かない。いやな気分である。


出典源氏物語 若菜下


「なまもの憂く、すずろはしけれど」


[訳] 何となく気が進まず、心が落ち着かないが。◆「すぞろはし」「そぞろはし」とも。


参考

そわそわと落ち着かない心の状態をいうが、楽しい場合にも、不安な場合にも用いる。



そぞろ-は・し 【漫ろはし】

形容詞シク活用

「すずろはし」に同じ。








漫ろはしのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

漫ろはしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




漫ろはしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS