古語:

潮満つ珠の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しほみつ-たま 【潮満つ珠】

名詞

潮を満ちさせる霊力があるという玉。[反対語] 潮干(しほふ)・(しほひ)る珠。


参考

『古事記』『日本書紀』の神話によると、「潮満つ珠」「潮干(ふ)る珠」の二珠は、山幸彦(やまさちびこ)が、兄海幸彦(うみさちびこ)から借りてなくした釣り針を求めて海神の宮殿へ行き、海神から贈られたものであるという。山幸彦は、この二珠の霊力をもって、自分を責める兄をこらしめ、屈服させた。








潮満つ珠のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

潮満つ珠のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




潮満つ珠のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS