古語:

然るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さる 【然る】

連体詞

そのような。そういう。そんな。


出典伊勢物語 九


「みな人ものわびしくて、京に思ふ人なきにしもあらず。さる折しも」


[訳] そこにいる人は皆、なんとなくせつなくて、都に愛する人が必ずしもいないわけではない。(それを思い出す)そのような折に。


しかるべき。相当な。立派な。


出典徒然草 二三一


「別当(べつたう)入道、さる人にて」


[訳] 別当入道は、相当な(気の利く)人物であって。


ある。某。しかじかの。▽対象を漠然と示す。


出典隅田川 謡曲


「この在所にさる子細(しさい)候ひて」


[訳] この土地にある事情がございまして。◆ラ変動詞「さり」の連体形から変化した語。








然るのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

然るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




然るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS