古語:

然りともの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さり-とも 【然りとも】

[一]接続詞

そうであっても。それはそれとしても。


出典竹取物語 貴公子たちの求婚


「さりともつひに男あはせざらむやはと思ひて」


[訳] それはそれとしても最後まで男と結婚させないだろうか。いや、そんなことはないと思って。


[二]副詞

いくらなんでも。それにしても。


出典源氏物語 桐壺


「限りあらむ道にもおくれ先立たじと契らせ給(たま)ひけるを、さりとも、うち捨ててはえ行きやらじ」


[訳] いつか来る死出の道においても死に後れたり先に死ぬまいとお約束なされたのに、いくらなんでも、置きざりにして行ってしまうことはできまい。








然りとものページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

然りとものお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




然りとものページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS