古語:

然りとてはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 然りとてはの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さり-とて-は 【然りとては】

分類連語


そうかといって。それにしても。


出典源氏物語 蜻蛉


「さりとては、いとおぼつかなくてやはあらむ」


[訳] そうかといって、たいそう不安なままでいられようか、いや、いられない。


なにとぞ。どうか。


出典羽衣 謡曲


「天上に帰らん事もかなふまじ。さりとては返したび給(たま)へ」


[訳] 天上へ帰ることもできなくなるでしょう。どうかお返しください。


なんとまあ。さてさて。▽感動詞的に用いる。


出典世間胸算用 浮世・西鶴


「さりとては気のつかぬ者どもよ」


[訳] さてさて気がつかない者たちよ。


なりたち

ラ変動詞「さり」の終止形+格助詞「とて」+係助詞「は」








然りとてはのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

然りとてはのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




然りとてはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS