古語:

然りげ無しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 然りげ無しの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さりげ-な・し 【然りげ無し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


そのようなようすが見えない。何気ない風である。さりげない。


出典新古今集 夏


「庭の面(おも)はまだ乾かぬに夕立の空さりげなく澄める月かな」


[訳] 庭の表面は、まだ乾かないのに、夕立を降らせていた空は、そのようなようすは少しも見えずに澄み、また澄んだ月が照っていることよ。◆「さりげ」は「然(さ)あり気(げ)」の変化した語。








然りげ無しのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

然りげ無しのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




然りげ無しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS