古語:

然りぬべしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 然りぬべしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さり-ぬ-・べし 【然りぬべし】

分類連語


適している。ふさわしい。差し支えない。当然である。


出典平家物語 七・忠度都落


「これに候ふ巻物のうちに、さりぬべきもの候はば」


[訳] ここにあります巻物の中に、(勅撰(ちよくせん)集に入れる歌として)ふさわしいものがありましたら。


なかなかのものだ。立派だ。相当な身分である。


出典枕草子 おひさきなく


「なほ、さりぬべからむ人の娘などは、さしまじらはせ」


[訳] やはり相当な身分であるような人の娘などは、宮仕えをさせ。


注意

(1)「さりぬべき」の形で連体修飾語となることも多い。(2)訳すときには、前後の文脈から具体的な内容をつかまなければならない。


なりたち

ラ変動詞「さり」の連用形+完了の助動詞「ぬ」の終止形+推量の助動詞「べし」








然りぬべしのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

然りぬべしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




然りぬべしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS