古語:

然るにの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さる-に 【然るに】

接続詞

すると。そうこうしているうちに。


出典伊勢物語 八四


「さるに、十二月(しはす)ばかりに、とみの事とて御文(ふみ)あり」


[訳] そうこうしているうちに、陰暦十二月ごろに、至急の事といって(母から)お手紙が届く。◆ラ変動詞「さり」の連体形に接続助詞「に」が付いて一語化したもの。



しかる-に 【然るに】

接続詞

そうであるのに。ところが。


出典竹取物語 蓬莱の玉の枝


「力を尽くしたること少なからず。しかるに禄(ろく)いまだ賜らず」


[訳] 力を尽くしたことは少しではない。ところがほうびはまだいただいていない。


さて。ところで。


出典生田敦盛 謡曲


「しかるに、平家の栄華を極めしその初め」


[訳] さて、平家が栄華を極めたそのはじめのころ。◆ラ変動詞「しかり」の連体形に接続助詞「に」が付いて一語化したもの。








然るにのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

然るにのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




然るにのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS