古語:

然るにてこそはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 然るにてこそはの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さる-に-て-こそ-は 【然るにてこそは】

分類連語


そうであるのでそうなのであろう。


出典更級日記 大納言殿の姫君


「かしがましく鳴きののしれども、なほさるにてこそはと思ひてあるに」


[訳] (猫が)うるさく鳴き騒ぐけれども、やはりわけがあるので、鳴くのであろう(=飼い主がそばにいないと鳴くものなのだろう)と思っていると。◆「さるにてこそはあらめ」の略。








然るにてこそはのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

然るにてこそはのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




然るにてこそはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS