古語:

痴れ痴れしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 痴れ痴れしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しれじれ-・し 【痴れ痴れし】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


愚かしい。いかにも無知だ。


出典枕草子 円融院の御はての年


「ともかくもいはで、しれじれしう笑みて走りにけり」


[訳] (童(わらわ)は)どうとも答えないで愚かしい笑顔をして走って行ってしまった。◇「しれじれしう」はウ音便。



おれ-おれ-・し 【愚れ愚れし・痴れ痴れし】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


愚かだ。ぼんやりしている。


出典源氏物語 初音


「もとより、おれおれしく、たゆき心のおこたりに」


[訳] (私は)生まれつき、ぼんやりして、ぐずな性質のせいでの怠慢で。








痴れ痴れしのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

痴れ痴れしのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




痴れ痴れしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS