古語:

発心の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ほっ-しん 【発心】

名詞※「す」が付いて自動詞(サ行変格活用)になる

悟りを得ようとする心を発する(=起こす)こと。また、出家すること。発起(ほつき)。


出典平家物語 九・敦盛最期


「それよりしてこそ熊谷(くまがへ)がほっしんの思ひは進みけれ」


[訳] それ(=自分が平敦盛(あつもり)の首を取ったこと)から、熊谷直実(なおざね)の出家の気持ちは強くなった。◆仏教語。









発心のページへのリンク
「発心」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

発心のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




発心のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS