古語:

直なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

すぐ・なり 【直なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


まっすぐだ。


出典平家物語 一一・遠矢


「平家の舟の下をすぐにはうで通りけり」


[訳] (いるかが)平家の舟の下をまっすぐに泳いで通っていった。


素直だ。ありのままだ。


出典平家物語 二・阿古屋之松


「すぐに知らせ奉っては悪(あ)しかりなん」


[訳] ありのままにお知らせ申し上げては不都合であろう。


参考

「すぐなり」と「ただ(直)なり」「なほ(直)」「ひた(直)」の違い 「すぐなり」は、曲がらずに一直線であることを表すが、「ただなり」は直接的でへだてがない(=じかである)ことを、「なほ」は、曲がりくねる(=変化する)ことなく続くこと(=平凡・普通)を、「ひた」は、直接に・まっすぐに・いちずになど、色々な意味を表す。



ただ・なり 【直なり・徒なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


直接だ。じかだ。まっすぐだ。


出典万葉集 四九六


「み熊野(くまの)の浦の浜木綿(はまゆふ)百重(ももへ)なす心は思(も)へどただに逢(あ)はぬかも」


[訳] ⇒みくまのの…。


生地のままだ。ありのままだ。


出典源氏物語 宿木


「ただなる絹綾(きぬあや)など取り具し給(たま)ふ」


[訳] (染めていない)生地のままの模様のある絹織物をおそろえになられる。


普通だ。あたりまえだ。


出典枕草子 うらやましげなるもの


「ただなるところには目にもとまるまじきに」


[訳] (女の言葉は)普通の所では目にもとまるまいに。


何もせずにそのままである。何事もない。


出典源氏物語 藤裏葉


「ただに見過ぐさむこと惜しき盛りなるに」


[訳] 何もせずにそのまま見過ごしてしまうには惜しい花盛りなので。


むなしい。何の効果もない。


出典大鏡 道長上


「ただにて帰り参りて侍(はべ)らむは、証(さう)候(さぶら)ふまじきにより」


[訳] むなしく(手ぶらで)帰って参りましたとしたら、行ったという証拠がございますまいから。



ぢき・なり 【直なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


まっすぐだ。


出典太平記 一三


「両の耳は竹を剝(そ)いでぢきに天を指し」


[訳] 両耳は竹をそいだようにまっすぐに天を指し。


直接だ。じかだ。


出典平家物語 五・咸陽宮


「まったく人しては参らせじ。ぢきに奉らん」


[訳] 決して他の人を介しては差し上げません。直接に差し上げたい。


即座だ。すぐだ。


出典膝栗毛 滑稽


「子どもとあなどって、ぢきにむくったと」


[訳] 子供だとばかにして、すぐに報いがあったと。



なほ・なり 【直なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


まっすぐだ。いつわりがない。


出典万葉集 一三九三


「まなほにしあらば何か嘆かむ」


[訳] まっすぐであれば、どうして嘆くことがあろうか。








直なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

直なりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




直なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS