古語:

真人の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ま-うと 【真人】

[一]名詞

お方。▽身分の高い人に対して、敬意を込めて呼ぶ言い方。◆「まひと」のウ音便。


[二]代名詞

おまえ。▽対称の人称代名詞。目下の人を呼ぶのに用いる。


出典源氏物語 浮舟


「まうとは、何しにここにはたびたびは参るぞ」


[訳] おまえは、どういう用件でここにたびたび参るのか。◆「まひと」のウ音便。



ま-ひと 【真人】

名詞

奈良時代、天武天皇のときに定められた「八色(やくさ)の姓(かばね)」の最高位。皇族に賜った。









真人のページへのリンク
「真人」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

真人のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




真人のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS