古語:

知ろしめすの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 知ろしめすの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しろし-め・す 【知ろしめす・領ろしめす】

他動詞サ行四段活用

活用{さ/し/す/す/せ/せ}


領有なさる。統治なさる。▽「知(領・治)る(=治める)」の尊敬語。


出典古今集 仮名序


「天皇(すべらぎ)の、天(あめ)の下しろしめすこと」


[訳] 天皇が天下を統治なさることが。


知っていらっしゃる。ご存じである。▽「知る」の尊敬語。


出典平家物語 九・木曾最期


「さる者ありとは、鎌倉殿までもしろしめされたるらんぞ」


[訳] そういう者がいるとは、鎌倉殿までもご存じでいらっしゃるであろうぞ。◆「しらしめす」の変化した語。








知ろしめすのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

知ろしめすのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




知ろしめすのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS