古語:

空を歩むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

そら-を-あゆ・む 【空を歩む】

分類連語


足が地に着かないさま。


出典源氏物語 御法


「いとはかなき煙(けぶり)にて、はかなくのぼりたまひぬるも、例のことなれどあへなくいみじ。そらをあゆむここちして、人にかかりてぞおはしましけるを」


[訳] (紫の上の遺骸は)ほんのはかない煙となって、あっけなく立ちのぼっておしまいになったのも、世の常のこととはいえ張り合いがなく悲しい。(源氏は)足も地に着かぬ思いで、人に寄りかかってお出ましになったのを。








空を歩むのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

空を歩むのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




空を歩むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS