古語:

紛ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

まが・ふ 【紛ふ】

[一]自動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


入りまじる。入り乱れる。入りまじって区別できない。


出典源氏物語 初音


「えひ香(かう)の香(か)のまがへる、いと艶(えん)なり」


[訳] えい香の香が入りまじっていて実にはなやかである。


まちがえる。よく似ている。区別がつかない。


出典詞花集 雑下



⇒わたのはらこぎいでてみれば…。


[二]他動詞ハ行下二段活用

{語幹〈まが〉}


かきまぜる。まぎれこませる。区別がつかなくする。


出典万葉集 一六四〇「わが丘に盛りに咲ける梅の花残れる雪をまがへつるかも」


[訳] 私の住む丘に盛りと咲いている梅の花は、消え残っている雪を区別がつかなくしたなあ。


見失う。


出典源氏物語 花宴


「世に知らぬ心地こそすれ有明(ありあけ)の月の行方を空にまがへて」


[訳] この世で経験したことのない(悲しい)気持ちがするよ。有明の月(=暁(あかつき)にあった女)の行方を空の中に見失って。


思いちがえる。見まちがえる。聞きちがえる。


出典枕草子 二月つごもり頃に


「『空寒み花にまがへて散る雪に』と、わななくわななく書きて取らせて」


[訳] 「空が寒いので花と見まちがえるように降る雪に」と、ふるえふるえ書いて渡して。








紛ふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

紛ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




紛ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS