古語:

紛るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

まぎ・る 【紛る】

自動詞ラ行下二段活用

{語幹〈まぎ〉}


見まちがえる。区別できなくなる。


出典源氏物語 若菜下


「まぎるべき方(かた)なく、その人の手なりけりと見給(たま)ひつ」


[訳] 見まちがえようもなく、あの人の字だとご覧になった。


紛れる。見つかりにくくなる。


出典源氏物語 若紫


「夕暮れのいたう霞(かす)みたるにまぎれて」


[訳] 夕暮れがたいそうかすんでいるのに紛れこんで。


心が奪われる。熱中する。


出典徒然草 一八八


「目の前のことにのみまぎれて月日を送れば」


[訳] 目の前のことにだけ心を奪われて月日を過ごすので。


気が紛れる。薄らぐ。弱まる。


出典源氏物語 桐壺


「ほど経(へ)ば、少しうちまぎるることもや」


[訳] 時間がたてば、少しは気が紛れることもあるだろうか。









紛るのページへのリンク
「紛る」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

紛るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




紛るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS