古語:

絶えての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たえ-て 【絶えて】

副詞

〔下に打消の語を伴って〕全然。まったく。


出典古今集 春上・伊勢物語八二


「世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」


[訳] ⇒よのなかにたえてさくらの…。


すっかり。残らず。


出典源氏物語 夕顔


「たえて思ほし忘れなむことも、いと言ふかひなく憂かるべきことに思ひて」


[訳] すっかりお忘れなさることも、本当に言いようもないほどつらいにちがいないことと思って。









絶えてのページへのリンク
「絶えて」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

絶えてのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




絶えてのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS