古語:

肝消ゆの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

きも-き・ゆ 【肝消ゆ】

分類連語


非常に驚く。


出典竹取物語 蓬莱の玉の枝


「御子(みこ)は、我にもあらぬ気色(けしき)にて、きもきえ居給(たま)へり」


[訳] (くらもちの)皇子(みこ)は、茫然自失のようすで、非常に驚きお座りになっている。


参考

多く、意外な事に直面して不安や恐怖を感じたときに用いる。「肝潰(きもつぶ)る」も同様の表現。








肝消ゆのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

肝消ゆのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




肝消ゆのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS