古語:

色好みの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いろ-ごのみ 【色好み】

名詞

恋愛の情趣を解し、洗練された恋ができること。また、その人。粋人(すいじん)。多情な人。


出典伊勢物語 三七


「昔、男、いろごのみなりける女に逢(あ)へりけり」


[訳] 昔、男が恋愛の情趣を解する人であった女に会った。


風流・風雅な方面に熱意・関心がある人。風流人。


出典古今集 仮名序


「いろごのみの家に埋(む)もれ木の人知れぬこととなりて」


[訳] (和歌は)風流人の私的な場に埋もれ、埋もれ木のように人に知られない存在になって。









色好みのページへのリンク
「色好み」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

色好みのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




色好みのページの著作権
古語辞典 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2022 Printed in Japan

©2022 GRAS Group, Inc.RSS