古語:

菖蒲の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あやめ 【菖蒲】

名詞

草の名。しょうぶ。剣状の葉は香気が強く、昔から邪気を払うものとされる。五月五日の節句に、軒や車にさし、また、身につけた。「あやめぐさ」とも。[季語] 夏。


参考

和歌では「あやめ(文目)」「あやなし」にかけて詠まれることが多い。



さう-ぶ 【菖蒲】

名詞

しょうぶ。


襲(かさね)の色目の一つ。表は青、裏は紅梅。夏に用いる。◆「しゃうぶ」とも。



しゃう-ぶ 【菖蒲】

名詞

水辺に群生する草の名。あやめ草。「さうぶ」「あやめ」とも。[季語] 夏。


参考

別名は「あやめ」であるが、この「菖蒲」は今のはなしょうぶやあやめ(=はなあやめ)とは別種。江戸時代、「尚武(しやうぶ)」に音が通うところから、端午(たんご)の節句の男児の祝い物とされた。









菖蒲のページへのリンク
「菖蒲」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

菖蒲のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




菖蒲のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS