古語:

詩しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

詩し

分類文芸


漢詩のこと。一句はふつう五字または七字から成り(「五言(ごごん)」「七言(しちごん)」という)、一定の平仄(ひようそく)(=声調の配列規定)があり、定まった句末には同じ韻の字を用いる規則がある。古詩・律詩・絶句などの種類がある。日本では、奈良時代後期から平安時代にわたって、宮廷貴族によって盛んに作られた。古くは奈良時代に漢詩集『懐風藻(かいふうそう)』があり、平安時代になると、勅撰(ちよくせん)の漢詩文集も作られて、空海や菅原道真(すがわらのみちざね)などのすぐれた作者も現れた。「唐歌(からうた)」ともいう。









詩しのページへのリンク
「詩し」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

詩しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




詩しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS