古語:

読本の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

読本

分類文芸


挿し絵中心の草双紙(くさぞうし)に対して、読む文章を主とした本の意。江戸時代後期の小説の一種。中国の口語体小説の影響を受けて生まれた伝奇小説で、史伝・実録・伝説などに取材して和漢混交・雅俗折衷の文体で書かれ、勧善懲悪・因果応報の思想が中心となっている。上田秋成(あきなり)の『雨月(うげつ)物語』や、滝沢馬琴(ばきん)の『椿説弓張月(ちんせつゆみはりづき)』『南総(なんそう)里見八犬伝』などが名高い。









読本のページへのリンク
「読本」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

読本のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




読本のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS