古語:

責むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

せた・む 【責む】

他動詞マ行下二段活用

活用{め/め/む/むる/むれ/めよ}


強く責める。あやまちをとがめる。


出典宇治拾遺 一三・一四


「なんの料(れう)に、この老法師をば、かくはせたむるぞや」


[訳] なんのために、この老僧を、このように強く責めるのか。



せ・む 【責む】

他動詞マ行下二段活用

活用{め/め/む/むる/むれ/めよ}


とがめる。なじる。責める。


出典宇治拾遺 六・四


「双六(すごろく)を打ちけるが、多く負けて、渡すべき物なかりけるに、いたくせめければ」


[訳] (若侍は)双六を打ったが、さんざん負けて、(相手に)与えることができそうな物がなかったときに、(相手が)とても責めたので。


催促する。せがむ。強要する。


出典奥の細道 象潟


「江山(かうさん)水陸の風光数を尽くして、今、象潟(きさかた)に方寸(はうすん)をせむ」


[訳] 川や山、海や陸のすばらしい景色をたくさん見てきて、今、象潟へと心がせきたてられる。


悩ます。苦しめる。


出典古今集 雑体


「冬は霜にぞせめらるる」


[訳] 冬は霜に苦しめられる。


追究する。求める。


出典三冊子 俳論


「せむるものはその地に足を据ゑがたく、一歩自然(じねん)に進む理(ことわり)なり」


[訳] (風雅の誠を)追究する者は、いつまでも同じところに満足してはいられないから、自然に一歩前に進むことになる道理である。


馬を乗りならす。調教する。








責むのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

責むのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




責むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS