古語:

遊ばすの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あそば・す 【遊ばす】

[一]他動詞サ行四段活用

活用{さ/し/す/す/せ/せ}


(詩歌・狩猟・管弦などを)なさる。お楽しみになる。▽「遊ぶ」の尊敬語。


出典栄花物語 月の宴


「みかど、箏(さう)の御琴をぞいみじうあそばしける」


[訳] 天皇は、箏を巧みに演奏なさった。


〔いろいろな動作を入れて〕お…になる。なさる。▽「為(す)」の尊敬語。


出典平家物語 四・源氏揃


「御手跡(おんしゆせき)うつくしうあそばし」


[訳] 文字を立派にお書きになり。


[二]補助動詞サ行四段活用

活用{さ/し/す/す/せ/せ}


〔多く「お」「ご」の付いた動詞の連用形または名詞に付いて〕…なさる。お…になる。


出典女殺油地獄 浄瑠・近松


「あれへお通りあそばせ」


[訳] あちらへお通りになってください。◆近世語。


参考

[一]は四段動詞「あそぶ」の未然形に上代の尊敬の助動詞「す」が付いた連語「あそばす」が中古以後一語化したもの。









遊ばすのページへのリンク
「遊ばす」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

遊ばすのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




遊ばすのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS