古語:

降り紛ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ふり-まが・ふ 【降り紛ふ】

[一]自動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


(見分けがつかないほど)降り乱れる。


出典万葉集 二六二


「矢釣山(やつりやま)木立も見えずふりまがふ雪にさわける朝(あした)楽しも」


[訳] 矢釣山の木立も見えないほど降り乱れる雪の中をさわいでいる朝は楽しいことよ。


[二]他動詞ハ行下二段活用

活用{へ/へ/ふ/ふる/ふれ/へよ}


降り乱れて見分けにくくする。


出典新古今集 冬


「草も木もふりまがへたる雪もよに春待つ梅の花の香ぞする」


[訳] 草も木も降り乱れて見分けにくくしている雪の中に、春を待つ梅の花の香がすることだ。








降り紛ふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

降り紛ふのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




降り紛ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS