古語:

静やかなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 静やかなりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しづ-やか・なり 【静やかなり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


静かな感じだ。


出典宇津保物語 楼上下


「しづやかに降りくらす日」


[訳] (雨が)静かな感じで一日中降り続く日。


落ち着いた感じだ。


出典源氏物語 若菜下


「しづやかに心にくきけはひ見えたまはぬわたりぞや」


[訳] 落ち着いた感じで奥ゆかしいようすがお見えにならない方だったよ。◆「やか」は接尾語。








静やかなりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

静やかなりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




静やかなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS