古語:

鳥の跡の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

とり-の-あと 【鳥の跡】

分類連語


文字。筆跡。手紙。▽古代中国の倉頡(そうけつ)が、鳥の足跡から文字を考案したということから。


たどたどしい文字。


出典枕草子 うらやましげなるもの


「心憎き所へつかはす抑せ書きなど、誰(たれ)もいととりのあとにしもなどかはあらむ」


[訳] 奥ゆかしい人の所へ送る文書など、いったいだれがたどたどしい文字で書くだろうか。








鳥の跡のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

鳥の跡のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




鳥の跡のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS