古語:

あしべゆくの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > あしべゆくの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あしべゆく…

分類和歌


「葦辺(あしべ)行く鴨(かも)の羽交(はが)ひに霜降(お)りて寒き夕べは大和(やまと)し思ほゆ」


出典万葉集 六四・志貴皇子(しきのみこ)


[訳] 葦の生えている水辺を泳ぐ鴨の羽交いに霜が降りて寒い夕暮れには、ただひたすらに暖かい我が家のあるあの大和のことが思い出されるよ。


鑑賞

文武(もんむ)天皇の難波(なにわ)行幸に随行した志貴皇子の歌。「大和し思ほゆ」の「し」は強意の副助詞。









あしべゆくのページへのリンク
「あしべゆく」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あしべゆくのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あしべゆくのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS