古語:

おぼおぼしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > おぼおぼしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おぼ-おぼ・し

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


はっきりしない。ぼうっとしている。


出典源氏物語 常夏


「たそがれ時のおぼおぼしきに」


[訳] 夕暮れ方の(ものの形が)ぼうっとしているときに。


よそよそしい。


出典源氏物語 夢浮橋


「おぼし隔てて、おぼおぼしくもてなさせ給(たま)ふには」


[訳] 心の中で分けへだてなさって、よそよそしく応対なさるのでは。


たよりない。おぼつかない。たどたどしい。


出典増鏡 月草の花


「弓ひく道もおぼおぼしき若侍」


[訳] 弓術もたよりない若侍。








おぼおぼしのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

おぼおぼしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




おぼおぼしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS