古語:

おほはらやの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > おほはらやの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おほはらや…

分類俳句


「大原や蝶(てふ)の出て舞ふ朧月(おぼろづき)」


出典北の山 俳諧・丈草(ぢやうさう)


[訳] 朧月の出ている夜、大原の里をどこへ行くともなく歩いていると、どこからか白いちょうが飛んできて、ひらひらと舞っている。


鑑賞

うすぼんやりとした朧月の光を浴びて、闇(やみ)に白く浮き出したちょうの舞うようすは、幻想的な印象を与える。「大原」の地名から、源平の争乱、建礼門院の悲しい生涯も連想される。季語は「蝶・朧月」で、季は春。








おほはらやのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

おほはらやのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




おほはらやのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS