古語:

如何にしてかはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 如何にしてかはの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いかに-し-て-かは 【如何にしてかは】

分類連語


どうして…か。どのようにして…か。▽疑問の意を表す。


出典後拾遺集 春上


「雪降りて道ふみまどふ山里にいかにしてかは春の来つらむ」


[訳] 雪が降り積もって人が道を歩き迷ってしまうこの山里にどのようにして春が来たのだろうか。


どうして…か、いや、…ない。▽反語の意を表す。


出典後撰集 恋二


「あやしくも厭(いと)ふにはゆる心かないかにしてかは思ひやむべき」


[訳] 不思議なことに相手に嫌われるとかえって燃え上がる私の恋心であることよ。どうしてこの思いを押しとどめることができようか、いや、できない。


なりたち

副詞「いかに」+サ変動詞「す」の連用形+接続助詞「て」+係助詞「かは」








如何にしてかはのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

如何にしてかはのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




如何にしてかはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS