古語:

禅師の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ぜ-じ 【禅師】

名詞

「ぜんじ」に同じ。◆「ぜんじ」の撥音(はつおん)「ん」が表記されない形。



ぜん-じ 【禅師】

名詞

「禅定(ぜんぢやう)」に達した高僧。転じて、一般に、僧の尊敬語。


出典伊勢物語 八五


「俗なる、ぜんじなる、あまた参り集まりて」


[訳] 俗人であるのも、徳の高い僧であるのも、大勢参上して集まって。


僧職の一つ。宮中の内(ない)道場(=仏道修行所)に奉仕する僧。


知徳にすぐれた禅僧に朝廷から賜る称号。◆「ぜじ」とも。









禅師のページへのリンク
「禅師」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

禅師のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




禅師のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS