古語:

見入るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

み-い・る 【見入る】

他動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


外から内を見る。のぞく。


出典枕草子 殿などのおはしまさで後


「御簾(みす)のそばの、あきたりつるより、みいれつれば」


[訳] 御簾のわきのすき間から、中をのぞいたところ。[反対語] 見出(みい)だす。


気にとめて見る。目をかける。心を込めて世話をする。


出典枕草子 にくきもの


「あからさまに来たる子ども・童(わらはべ)を、みいれらうたがりて」


[訳] ちょっと遊びに来た子供や幼子たちを、目をかけてかわいがって。


(悪霊などが)目をつけてとりつく。


出典源氏物語 夕顔


「荒れたりし所に住みけむ物の我にみいれけむたよりに」


[訳] 荒れはてた所に住みついたという魔性のものが、私に目をつけてとりついたまきぞえで。









見入るのページへのリンク
「見入る」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

見入るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




見入るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS