古語:

過ぐの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「過ぐ」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/35件中)

名詞〔多く「さだ過ぐ」の形で〕時期。機会。盛りの年齢。出典更級日記 夫の死「年はややさだ過ぎゆくに」[訳] 年はしだいに盛りの年齢を過ぎてゆくのに。
名詞〔多く「さだ過ぐ」の形で〕時期。機会。盛りの年齢。出典更級日記 夫の死「年はややさだ過ぎゆくに」[訳] 年はしだいに盛りの年齢を過ぎてゆくのに。
自動詞ラ行四段活用活用{ら/り/る/る/れ/れ}過ぎる。出典万葉集 三三〇九「橘(たちばな)の末枝(ほつえ)をすぐり」[訳] たちばなの枝先を越え。参考動詞「す(過)ぐ」の連体形を再活用させたもの。動...
自動詞ラ行四段活用活用{ら/り/る/る/れ/れ}過ぎる。出典万葉集 三三〇九「橘(たちばな)の末枝(ほつえ)をすぐり」[訳] たちばなの枝先を越え。参考動詞「す(過)ぐ」の連体形を再活用させたもの。動...
分類枕詞木の葉が色づいてやがて散るところから「移る」「過ぐ」にかかる。出典万葉集 四五九「もみちばの移りい去(ゆ)けば」[訳] 黄葉の葉のように散って亡くなったので。◆上代では「もみちばの」。
分類枕詞木の葉が色づいてやがて散るところから「移る」「過ぐ」にかかる。出典万葉集 四五九「もみちばの移りい去(ゆ)けば」[訳] 黄葉の葉のように散って亡くなったので。◆上代では「もみちばの」。
分類枕詞木の葉が色づいてやがて散るところから「移る」「過ぐ」にかかる。出典万葉集 四五九「もみちばの移りい去(ゆ)けば」[訳] 黄葉の葉のように散って亡くなったので。◆上代では「もみちばの」。
感動詞①おや。まあ。あっ。▽驚いたときに発する語。出典神楽歌 明星「明星は、くはや、ここなりや」[訳] 明星は、おや、ここに出ているよ。②さあ。ほら。これこれ。▽相手への呼びか...
打消推量の助動詞「じ」の已然形。出典新続古今集 春下「人はなど訪(と)はで過ぐらむ風にこそ知られじと思ふ宿の桜を」[訳] 人はどうして訪ねないで通り過ぎるのだろう。風には知られないようにしようと思う(...
分類連語…しない。出典万葉集 四三七八「月日やは過ぐはゆけども母父(あもしし)が玉の姿は忘れせなふも」[訳] 月日は過ぎて行くけれども、父と母の立派な姿は忘れはしないことよ。◆上代の東国方言。なりたち...
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

法人向けの高品質な翻訳サービス


©2017 Weblio RSS