古語:

すぐるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

すぐ・る 【勝る・優る】

自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


他よりもまさる。ひいでる。すぐれる。


出典古今集 仮名序


「この人々をおきて、またすぐれたる人も、くれ竹の(=枕詞(まくらことば))世々にきこえ」


[訳] これらの人々以外に、また(歌に)ひいでた人も代々に名高く。



すぐ・る 【過ぐる】

自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


過ぎる。


出典万葉集 三三〇九


「橘(たちばな)の末枝(ほつえ)をすぐり」


[訳] たちばなの枝先を越え。


参考

動詞「す(過)ぐ」の連体形を再活用させたもの。動詞を再活用させたものには、ほかにも「寄す」↓「寄そる」、「起く」↓「起こる」などがある。なお、「過ぐる」は、動詞「過ぐ」の古形であるとする説もある。



すぐ・る 【選る】

他動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


よいものを選び出す。選ぶ。


出典奥の細道 平泉


「さても義臣すぐって、この城にこもり、功名一時の叢(くさむら)となる」


[訳] さて(義経(よしつね)が)義勇の臣を選び出して、この城に立てこもり、(そこで挙げた)手柄の名声もいっときの(夢として消え、今は)草原となっている。◇「すぐっ」は促音便。









すぐるのページへのリンク
「すぐる」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

すぐるのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




すぐるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS