古語:

あつしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あつ・し 【厚し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


厚い。


甚だしい。深い。


出典方丈記 


「恩顧あつきを先(さき)とす」


[訳] 恩恵が深いことを第一とする。



あつ・し 【熱し・暑し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


熱い。


出典宇津保物語 俊蔭


「炎(ほのほ)あつく」


[訳] 炎は熱く。


暑い。


出典奥の細道 酒田


「あつき日を海に入れたり最上川(もがみがは)―芭蕉」


[訳] ⇒あつきひを…。


熱がある。


出典源氏物語 夕顔


「身もあつき心地して」


[訳] 体も熱がある気持ちがして。



あつ・し 【篤し】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


病気が重い。病気がちである。「あづし」とも。


出典源氏物語 桐壺


「恨みを負ふつもりにやありけむ、いとあつしくなりゆき」


[訳] (桐壺更衣(きりつぼのこうい)はほかの女御(にようご)や更衣たちの)恨みを受けることが積み重なった結果であったのだろうか、ひどく病気が重くなってゆき。









あつしのページへのリンク
「あつし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あつしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あつしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS