古語:

あながちなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > あながちなりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あながち・なり 【強ちなり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


無理だ。身勝手だ。強引だ。


出典宇治拾遺 一・一三


「桜の散らむは、あながちにいかがはせむ」


[訳] 桜の花が散るのは、無理にどうすることができようか、できはしない。


ひたすらだ。ひたむきだ。一途(いちず)だ。


出典竹取物語 貴公子たちの求婚


「あながちに心ざしを見えありく」


[訳] 一途に真心が人目につくように歩き回る。


はなはだしい。ひどい。


出典源氏物語 明石


「二条院よりぞ、あながちに怪しき姿にてそぼち参れる」


[訳] 二条院(の紫の上の所)から(使いが)、ひどくみすぼらしい格好でびしょぬれで参上した。








あながちなりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あながちなりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あながちなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2018 Printed in Japan

©2018 Weblio RSS