古語:

いとどしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いとど・し

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


ますますはなはだしい。


出典源氏物語 若紫


「めづらしうあはれにて、いとどしき御思ひのほど限りなし」


[訳] 目新しくしみじみといとおしく、ますますはなはだしいご寵愛(ちようあい)のようすはこの上ない。


ただでさえ…なのに、いっそう…である。


出典源氏物語 桐壺


「いとどしく虫の音(ね)しげき浅茅生(あさぢふ)に露おきそふる雲の上人(うへびと)」


[訳] ⇒いとどしく…。









いとどしのページへのリンク
「いとどし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

いとどしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




いとどしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS