古語:

えいの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

えい

感動詞

はい。▽呼びかけに対する返事の語。


出典宇治拾遺 一・一二


「えいと答(いら)へたりければ」


[訳] はいと答えたので。


えい。よいしょ。▽力を込めるときに発する語。


ええい。まあ。▽驚き・不満などの気持ちを表す語。


出典心中天網島 浄瑠・近松


「えい聞きともない」


[訳] ええい、聞きたくもない。


おい。やい。▽呼びかけたり念を押したりするときの語。



えい 【纓】

名詞

冠の付属具の一つ。羅(ら)(=薄絹)を張った細長いもので、巾子(こじ)(=冠の後部の高い部分)の背面に差して後ろに垂らす。燕尾(えんび)。



えい 【詠】

名詞

詩歌を朗詠すること。特に、舞楽のとき、舞人(まいびと)が舞いながら詩句を朗詠すること。また、その詩句。


出典源氏物語 紅葉賀


「えい果てて、袖(そで)打ち直し給(たま)へるに」


[訳] 舞いながらの朗詠が終わり、袖をお直しになっていると。


詩歌を作ること。また、その詩歌。


出典今昔物語集 三・一五


「虫の音を聞きてえいを吟じ」


[訳] 虫の声を聞いて歌を詠み。



えい 【影】

名詞

画像。肖像。絵にかいた姿・形。



えい 【酔い】

⇒ゑひ









えいのページへのリンク
「えい」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

えいのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




えいのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS