古語:

ことがましの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > ことがましの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こと-がま・し

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


(一)

【言がまし】口やかましい。


出典大和物語 付載説話


「女の親、…いとことがましき者なりければ」


[訳] 女の親は、…とても口やかましい者であったので。


(二)

【事がまし】おおげさである。物々しい。


出典曾我物語 九


「ことにその体(てい)ことがましく出(い)で立ちたり」


[訳] 特にその姿は物々しく装って出てきた。◆「がまし」は接尾語。「ことかまし」とも。








ことがましのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ことがましのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ことがましのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS