古語:

さうすの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さう-・す

他動詞サ行変格活用

活用{せ/し/す/する/すれ/せよ}


あれこれと手配する。


出典竹取物語 かぐや姫の生ひ立ち


「よき程なる人になりぬれば、髪上げなどさうして」


[訳] (かぐや姫が)一人前の大人になったので、髪上げの祝いなどをあれこれと手配して。


参考

「とかく」を「左右」と書き、そしてこれを「さう」と読んだため、この「さうす」の形ができたとする説に従った。



さう-・す 【相す】

他動詞サ行変格活用

活用{せ/し/す/する/すれ/せよ}


人相・家相・手相などを見て吉凶を判断する。占う。


出典今昔物語集 六・二


「行く前(さき)に有るべき身の上の善悪をさうし」


[訳] 将来起こるはずの身の上の善悪を占い。









さうすのページへのリンク
「さうす」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

さうすのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




さうすのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS