古語:

さうなの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さうな

助動詞特殊型

《接続》


は動詞の連用形や、形容詞・形容動詞の語幹などに付く。


は体言や、活用語の連体形または終止形に付く。


活用{○/さうに/さうな/さうな/さうなれ/○}


〔様態〕…そうだ。…に見える。


出典七番日記 俳文


「むまさうな雪がふうはりふはりかな―一茶」


[訳] ⇒むまさうな…。〔推定〕…らしい。


出典世間胸算用 浮世・西鶴


「当流が合点(がてん)まゐらぬさうな」


[訳] 現代風のやり方が納得いかないらしい。◆室町時代末期以降の語。体言「さう」に、断定の助動詞「なり」が変化した「な」が付いてできた語。









さうなのページへのリンク
「さうな」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

さうなのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




さうなのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS