古語:

さくの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さ・く 【割く・裂く】

[一]他動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


裂く。


一部を切り離す。


出典日本書紀 応神


「吉備(きび)の国をさきて、その子等(こども)に封(ことよ)さす」


[訳] 吉備の国(岡山県と広島県東部)の一部を切り離して、その子たちに委任なさる。


[二]自動詞カ行下二段活用

活用{け/け/く/くる/くれ/けよ}


裂ける。切れて分かれる。


出典万葉集 一九九五


「六月(みなづき)の地(つち)さへさけて照る日にも」


[訳] 六月の大地まで裂けるほどに照る太陽にも。



さ・く 【放く・離く】

[一]他動詞カ行下二段活用

活用{け/け/く/くる/くれ/けよ}


遠ざける。離す。


出典万葉集 一五三


「鯨魚(いさな)取り(=枕詞(まくらことば))淡海(あふみ)の海を沖さけて漕(こ)ぎ来る船」


[訳] 淡海の湖を沖に遠ざけて(=沖の遠くを)漕いでくる船よ。


〔動詞の連用形に付いて〕


(ア)

〔「語る」「問ふ」などに付いて〕気がすむまで…する。…して思いを晴らす。


出典万葉集 四一五四


「語りさけ見さくる人目乏(とも)しみと」


[訳] 語り合って思いを晴らし、会って思いを晴らす人が少ないからと。


(イ)

〔「見さく」の形で〕遠く眺める。はるかに見やる。


出典万葉集 一七


「しばしばも見さけむ山を」


[訳] ⇒うまさけ…。


[二]他動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


[一](イ)に同じ。


出典万葉集 四五〇


「往(ゆ)くさには二人わが見しこの崎(さき)をひとり過ぐれば見もさかず来(き)ぬ」


[訳] 行くときには妻と二人で見たこの崎を帰りにはひとりで通るので、はるかに見やりもしないで来たことだ。



さく 【笏】

名詞

「しゃく(笏)」に同じ。



さく 【幸く】

副詞

「さきく」に同じ。


出典万葉集 四三四六


「父母が頭(かしら)かき撫(な)でさくあれて言ひし言葉(けとば)ぜ忘れかねつる」


[訳] ⇒ちちははが…。◆上代の東国方言。









さくのページへのリンク
「さく」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

さくのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




さくのページの著作権
古語辞典 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2023 Printed in Japan

©2023 GRAS Group, Inc.RSS