古語:

しゅしょうの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > しゅしょうの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しゅ-しょう 【殊勝】

名詞

非常に優れていること。格別であること。


出典奥の細道 那谷


「萱(かや)ぶきの小堂、岩の上に造りかけて、しゅしょうの土地なり」


[訳] 萱ぶきの小さなお堂が、岩の上に寄りかかるように建って、格別の土地である。


けなげなこと。感心なこと。神妙なこと。


注意

現代語にはの意味はない。









しゅしょうのページへのリンク
「しゅしょう」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

しゅしょうのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




しゅしょうのページの著作権
古語辞典 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2023 Printed in Japan

©2023 GRAS Group, Inc.RSS