古語:

すべもなくの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > すべもなくの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

すべもなく…

分類和歌


「すべもなく苦しくあればいで走り去(い)ななと思(も)へど子らに障(さや)りぬ」


出典万葉集 八九九・山上憶良(やまのうへのおくら)


[訳] 何とかする手だてもなく苦しいので、家を出て世俗を離れ、どこかへ行ってしまいたいと思うけれど、子供たちに妨げられてそれもできないことだ。


鑑賞

「老いたる身に病を重ね、年を経て辛苦(たしな)み、また児等(こら)を思ふ歌」という題で長歌一首と反歌六首を詠んだうちの一首。








すべもなくのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

すべもなくのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




すべもなくのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS