古語:

すらの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

すら

副助詞

《接続》体言、活用語の連体形、副詞、助詞などに付く。


〔ある事物や状態を、程度の軽いものまたは極端なものとして例示し、程度の重いものや一般的なもののあることを類推させ、強調する〕…でさえも。…でも。


出典万葉集 一〇〇七


「言(こと)問はぬ木すら妹(いも)と兄(せ)ありといふを」


[訳] ものを言わない木でさえも妹と兄があるというのに。


出典更級日記 宮仕へ


「聖(ひじり)などすら、前(さき)の世のこと夢に見るは、いとかたかなるを」


[訳] 高僧などでさえ、前世のことを夢に見るのはとてもむずかしいと聞いているのに。


〔最小限の希望〕せめて…だけでも。


出典万葉集 二三六九


「人の寝(ぬ)る味寝(うまい)は寝(ね)ずて愛(は)しきやし君が目すらを欲(ほ)りて嘆くも」


[訳] 人並みの共寝はしないで、ああ、いとしいあなたにせめて(夢の中で)会うことだけでもと願って嘆くことだ。


参考

中古になると「すら」に代わって類義の「だに」が多用され、「すら」は和歌や漢文訓読文に見られるのみになった。中古末期以降、「そら」の形でも用いられた。⇒「さへ」「だに」









すらのページへのリンク
「すら」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

すらのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




すらのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS