古語:

すみのえのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > すみのえのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

すみのえの…

分類和歌


出典百人一首 


「住江(すみのえ)の岸に寄る波よるさへや夢の通ひ路(ぢ)人目避(よ)くらむ」


出典古今集 恋二・藤原敏行(ふぢはらのとしゆき)


[訳] 住江の岸に寄る波、その「よる」ということばではないが、(人目(ひとめ)の多い昼間ならともかく、)夜までも夢の中の(恋の)通い路で、どうしてあなたは人目を避けているのだろうか。


鑑賞

女性の立場で人目を忍ぶ恋を詠(よ)んだ歌。「岸に寄る波」までは「よる」を導く序詞(じよことば)。「よる」に「寄る」「夜」とをかけている。「避(よ)く」の主語を自分(=作者自身)とする説もある。



すみのえ-の 【住吉の・住江の】

分類枕詞


住吉が松の名所であることから、同音の「待つ」にかかる。


出典古今集 恋五


「すみのえのまつほどひさになりぬれば」


[訳] (あの人を)待つ間が長くなったので。









すみのえののページへのリンク
「すみのえの」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

すみのえののお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




すみのえののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS