古語:

だにありの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

だに-あ・り

分類連語


…でさえ…だ。…だけでも…である。


出典古今集 春下


「雪とのみ降るだにあるを桜花いかに散れとか風の吹くらむ」


[訳] 雪の降るように散るだけでさえ惜しいのに、桜の花に「どんな散り方をしろ」といって風が吹くのだろう。


注意

訳すときは、「あり」の上に、文脈上そこに込められている心情に相当する形容詞・形容動詞を補う。この用例の場合は、「惜しく」を補う。









だにありのページへのリンク
「だにあり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

だにありのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




だにありのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS