古語:

だもの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

だも

副助詞

《接続》種々の語に付く。〔軽いものを例示し、他の重要なものを類推させる〕…でさえも。…だって。


出典和泉式部集 


「夢にだも逢(あ)ふと見るこそうれしけれ」


[訳] 夢にさえも(あなたに)会うこと見るのはうれしいことだ。


参考

(1)中古以降に現れ、主に漢文訓読調の文に用いられた。(2)副助詞「だに」に係助詞「も」が付いた「だにも」が「だんも」↓「だも」と変化した語。









だものページへのリンク
「だも」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

だものお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




だものページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS